• TOP
  • 記帳代行の基礎知識
  • 業種別 記帳代行
  • 神戸で記帳代行をお探しの方へ
神戸の記帳代行
記帳代行神戸 > 記帳代行の基礎知識 > 記帳代行に必要な資格

記帳代行に必要な資格

おすすめ税理士事務所はこちら≫≫≫


記帳代行に必要な資格

記帳代行に必要な資格とは?

税務上様々な法的書類や定められた書式を必要になってくる事から記帳を行う際には相当の専門的な知識を有するのですが、では記帳代行を行うにあたり必要な資格とはどの様な物があるのでしょうか。
実は現在、日本の法律の解釈によって線引きが異なっており、記帳代行業を行うに当たり必要な資格は定められていないと国会で発言されています。
ですので、極論を言ってしまうと必要な知識があれば誰でも記帳代行業者として開業し、請け負う事が可能となっています。
とはいえ実際に行っていく業務内容には毎年改正される税法や税務署をはじめとする公的機関への正式書類の提出にはその道のプロでなければ業務を完璧に行う事は難しいでしょう。
また、膨大な記帳業務を行う上でやはりお金に関する資格、つまり会計士や税理士、経理関連資格を有している者でなければかなり複雑であり、決算書等を完璧に仕上げる事は不可能だと言われています。
実際にインターネットで『記帳代行』と検索してみるとお分かり頂けるかと思いますが、会計士や税理士、行政書士といったいわゆる士業が記帳代行を行っている事も多く、依頼する側も会計士や税理士、行政書士等の有資格者が行っている業者に安心や信頼を寄せています。

法律的には無資格者が記帳代行を行う事は合法なの?

以前国会答弁の中で会計業務は自由業だという発言が行なわれており、この発言から無資格者であっても記帳代行を請け負う事が出来ると解釈される様になっています。
しかし、記帳代行は行政書士業務であり、記帳代行業務に関連した税務関連業務は税理士業務となっており記帳代行業務内容は行政書士法によって法定業務と定められています。
記帳代行とは依頼者側の事業で発生した経理の代行業を請け負っているのであり、税金に関する相談や税務署関連書類の作成や提出といった分野になると会計士の資格が必要となっています。
更に、税務相談、税務書類の作成、提出及び代理業務を行えるのは税理士の資格が必要になってきます。

安心して記帳代行を任せられる神戸の税理士ランキング

神戸すえひろ税理士法人

日本政策金融公庫神戸支店の取扱件数
5年連続NO.1

設立は2002年で、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士など、それぞれの分野の専門家との連携が抜群の税理士法人です。 融資関係と会社設立に強い事務所で、創業融資、追加、借換融資等のあらゆる融資に対応してもらえる上に、手数料は一切かからないと言い切っているので安心です。
クライアントのほとんどが、既存顧客のご紹介とのこと。法人・個人を問わず、多くの経営者からの信頼が厚いと言えるでしょう。

ココがポイント!!
  • 専門家が集まった神戸のスペシャリスト集団!税理士は男性2名女性1名が所属!
  • どのような問題でも解決に導いてくれると評判!
  • リピーターか紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!
税務顧問料(記帳代行込) 月額9,600円~
サービス内容 融資相談/会社設立/税務顧問/決算業務/税務調査
事務所所在地 神戸市中央区磯上通八丁目3番10号井門三宮ビル12階
電話 078-252-8885
営業時間 月曜日~日曜日 9:00~17:00(土・日・祝日は原則として予約制)

詳細はこちらから

税理士法人FCパートナーズ

FCパートナーズは、中小企業、ベンチャー企業の会社経営から個人の財産にいたるまでトータルでサポートしてくれます。
経営に関することで気になることがあれば相談にのってくれます。

税務顧問料
サービス内容 会計・税務/経営支援/IT支援/創業支援/資金調達/経理業務改善/セミナー
事務所所在地 神戸市中央区北長狭通3-9-5 トーアウェスト錨堂ビル
電話 078-333-7512
営業時間  

藤原清孝税理士事務所

藤原清孝税理士事務所では、毎月1回以上訪問してくれて経営面のサポートと経理面のサポートをしてくれます。 「明るく元気・親切」をモットーとしていて、丁寧なサポートで信頼関係を築いてくれます。

月次顧問料
サービス内容 税務・会計/経営コンサルティング業務
事務所所在地 兵庫県尼崎市昭和通4丁目117番地 エスティ尼崎ビル501号
電話 06-6155-7590
営業時間

記帳代行の基礎知識

業種別 記帳代行

神戸で記帳代行をお探しの方へ