• TOP
  • 記帳代行の基礎知識
  • 業種別 記帳代行
  • 神戸で記帳代行をお探しの方へ
神戸の記帳代行
記帳代行神戸 > 記帳代行の基礎知識 > 記帳代行の必要書類

記帳代行の必要書類

おすすめ税理士事務所はこちら≫≫≫


記帳代行依頼時に必ず必要な物が発生するのは何故?

事業主が企業の会計や経理事務を社外機関である記帳代行業者に依頼をする為には依頼者側の企業のお金の流れに関する多くの情報を必要とします。
これは企業内のお金の流れ全般を把握する為でありこれを元に税理士や事業主が確定申告等を行う為、正式な公的書類として全てのお金の正しい流れを整理する必要がある為です。
日々の入出金をしっかり把握してきちんと整理しておく事で毎年訪れ頭を抱えてしまう確定申告にも楽に対処する事が出来る様になるのです。

記帳代行の必要書類

企業のお金の流れを把握する為に多くの情報を必要とする記帳代行に依頼した場合、どの様な書類が必要になってくるのでしょうか、ここで主な必要書類の一部を紹介します。
記帳代行を正式に依頼すると業者から提出を依頼される必要書類は日々発行される領収書や請求書などの売上支払いに関する物全てとなります。
他にも企業のお金の流れを把握する為の通帳(コピーなど)、社員へ支払う給与明細、試算表、貸借対照表、損益計算書、などの決算関連書類が必要となります。
これらの他にも細かな書類が必要となり、これらは代行業者が請け負った業務を遂行する為に殆どの代行業者は依頼者へ必要書類をリストアップしてくれますので安心して依頼する事が出来ます。

何故、この様な書類が必要なのか

企業に於いてお金の流れが明瞭化されていなければ事業の発展を望む事が難しく、収支を正しく知る事で事業の次なる展開も可能となり、計画も立てやすくなります。
常にしっかりと記帳を行っておく事でお金の流れがしっかり分かるだけではなく、毎年やってくる確定申告時にも期限内に申告する事で青色申告特別控除を受ける事も可能になります。
この青色申告特別控除とは個人事業主の場合は毎年3月15日迄となっており、法人の場合には期限が個人事業主と異なりますが同様の控除を受ける事が可能であり、現在では平成17年度より65万円の控除額となっています。

安心して記帳代行を任せられる神戸の税理士ランキング

神戸すえひろ税理士法人

日本政策金融公庫神戸支店の取扱件数
5年連続NO.1

設立は2002年で、司法書士、社会保険労務士、行政書士、中小企業診断士など、それぞれの分野の専門家との連携が抜群の税理士法人です。 融資関係と会社設立に強い事務所で、創業融資、追加、借換融資等のあらゆる融資に対応してもらえる上に、手数料は一切かからないと言い切っているので安心です。
クライアントのほとんどが、既存顧客のご紹介とのこと。法人・個人を問わず、多くの経営者からの信頼が厚いと言えるでしょう。

ココがポイント!!
  • 専門家が集まった神戸のスペシャリスト集団!税理士は男性2名女性1名が所属!
  • どのような問題でも解決に導いてくれると評判!
  • リピーターか紹介のお客さんが多い信頼できる税理士事務所!
税務顧問料(記帳代行込) 月額9,600円~
サービス内容 融資相談/会社設立/税務顧問/決算業務/税務調査
事務所所在地 神戸市中央区磯上通八丁目3番10号井門三宮ビル12階
電話 078-252-8885
営業時間 月曜日~日曜日 9:00~17:00(土・日・祝日は原則として予約制)

詳細はこちらから

税理士法人FCパートナーズ

FCパートナーズは、中小企業、ベンチャー企業の会社経営から個人の財産にいたるまでトータルでサポートしてくれます。
経営に関することで気になることがあれば相談にのってくれます。

税務顧問料
サービス内容 会計・税務/経営支援/IT支援/創業支援/資金調達/経理業務改善/セミナー
事務所所在地 神戸市中央区北長狭通3-9-5 トーアウェスト錨堂ビル
電話 078-333-7512
営業時間  

藤原清孝税理士事務所

藤原清孝税理士事務所では、毎月1回以上訪問してくれて経営面のサポートと経理面のサポートをしてくれます。 「明るく元気・親切」をモットーとしていて、丁寧なサポートで信頼関係を築いてくれます。

月次顧問料
サービス内容 税務・会計/経営コンサルティング業務
事務所所在地 兵庫県尼崎市昭和通4丁目117番地 エスティ尼崎ビル501号
電話 06-6155-7590
営業時間

記帳代行の基礎知識

業種別 記帳代行

神戸で記帳代行をお探しの方へ